[ヘアモア/マイナチュレ]特徴を比較!どっちを買うべき?

ヘアモアとマイナチュレの比較

[ヘアモア/マイナチュレ]口コミ・評価からどちらがいいか検証

 

女性用育毛剤として人気のヘアモアとマイナチュレ。

薄毛でお悩みの方にどっちの育毛剤を選んだらいいのか、それぞれの特徴を比べてみました。

ヘアモアとマイナチュレはどちらがおすすめの育毛剤なのかを検証していきます。

 

ヘアモアのさらに詳しい口コミはこちら!

 

 

ヘアモアの口コミ評価

 

春~夏くらいからもう4、5本はリピート使用しています。
少しお値段は張りますが、確実に効果が出てきています。
最初の3ヶ月くらいは何も変化がなく、このまま続けるかやめるべきか悩んだのですが・・・
秋になり、「そういえばシャンプーする時に抜け毛が減ったかも!」とふと効果を実感。
お風呂場の排水口にたまった髪の毛を掃除する頻度がかなり減りました。

参照:@コスメ

 

こちらの商品は匂いが独特で、私の鼻には合わなく、1回使ったっきりで終わりました。
スプレータイプで使いやすいのかもしれませんが、どうしても香りが…。

参照:@コスメ

 

良い口コミとしては「継続して使用するときっちり効果を実感できる」という口コミが多くみられました。

悪い口コミとしては「匂いが気になる」という意見がほとんどでした。

ヘアモアはハーブのような独特の匂いがあります。

この匂いですが全然気にならないという方もいれば、どうしても気になるという方もいらっしゃいます。

そういったどうしても匂いが受け付けないという方のために、ヘアモアの定期便には初回分の無期限の返金保証がついてきます。

匂いに関してはどう感じるか個人差が大きいところですので、試してみてダメだった場合に無期限で返金保証が利用できるのは嬉しいですよね。

 

 

 

マイナチュレの口コミ評価

 

おしゃれなボトルなので育毛剤とは気づかないですね。

育毛剤を使うのは初めてですが匂いもしないし、かゆみもでない、ベタベタもしないので思っていたよりも使いやく、続けやすいです☆

時期的なものもあって抜け毛が多くなり一気に髪が減ったので悩んでいましたが、最近は抜け毛が1/3ほどになり、小さな毛が少しずつ増えてきたので
続けてみて経過を見ていきたいと思いました^^

参照:@コスメ

 

マイナチュレ無添加育毛剤を使ってみて、テクスチャーがとてもサラッとしていてお水見たいに感じるほどでした。なので出しすぎると垂れてきちゃいます。

でも頭皮に当たる部分は少し大きめになっているので、肌に当たる部分は優しく感じました。
育毛効果は続けてみないとわからないですが、鮮度が良いはとても魅力的なところだと思います。

参照:@コスメ

 

マイナチュレの評価は「パッケージがおしゃれでぱっと見たかんじ育毛剤っぽくないのが嬉しい」という口コミが多く見つかりました。

洗面台においていても気にならないようなボトルデザインですので、育毛剤を使っているのを家族に意識されたくない方には嬉しいポイントですね。

悪い口コミとしては「サラサラしすぎているので液ダレしてしまう」という口コミが多く見られました。

マイナチュレはノズル式なので生え際などに使用する際にどうしても液ダレがきになってしまうようですね。

少しずつ塗布すれ垂れてこないようなので、使い方次第でカバーできそうなポイントです。

 

 

 

ヘアモアとマイナチュレの特徴を比較

 

ヘアモアとマイナチュレのそれぞれの特徴を紹介します。

ヘアモアの特徴はなんといっても女性ホルモン・エストラジオールを成分として配合していることです。

女性の髪の毛が細くなる、ボリュームがへる原因はホルモンバランスが乱れることが原因です。

妊娠・出産後に髪の毛のボリュームが減ってしまうのは、急激にホルモンバランスが変動してしまうことが原因です。

ヘアモアのエストラジオールは女性ホルモンの分泌を活性化させ、ホルモンバランスを整え、女性の薄毛の根本の原因を改善する効果が期待できます。

マイナチュレは無添加と天然成分にこだわった女性用育毛剤です。

有効成分・センブリエキスを中心に27種類の天然成分と髪の毛の原材料となる10種類のアミノ酸が配合されいます。

頭皮環境を整えることを主目的とした育毛剤で、フケの防止、保湿、頭皮血行促進に効果があります。

女性ホルモンの活性化させ、薄毛の原因を根本的に解決されたい方にはヘアモアがおすすめです。

できるだけ無添加にこだわった天然成分の育毛剤を探していらっしゃる方にはマイナチュレがおすすめだといえます。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]お得なのはどっち?

 

ママルラとマイナチュレの料金・価格について比較しました。

ヘアモアとマイナチュレのどちらがコスパが良くおすすめなのか検証していきます。

ヘアモアもマイナチュレも公式サイトから単品で購入ができます。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
単品価格7,200円5,475円
送料750円750円

 

しかし、単品での購入は割引なしで送料もかかるので、非常に割高な価格になります。

基本的にはどちらの製品も定期便での申し込みがおすすめです。

育毛剤は3~6ヶ月は使用しなければ、効果を感じることは難しいです。

継続するためには、いかに面倒くさいハードルを越える仕組みを作るかが大事になってきます。

毎月、自動的に商品が発送される定期購入は、育毛剤を続ける仕組みとしてはベストです。

 

 

 

ヘアモアとマイナチュレを定期コースの価格で比較

 

ヘアモアとマイナチュレの定期コースの価格を比較をしていきます。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
初回価格1,440円2,980円
初回割引率80%off52%off
送料無料無料

 

定期購入コースの初回価格を比べてみると、ヘアモアは「1,440円」、マイナチュレは「2,980円」とヘアモアのほうが1500円近く安く購入できます。

送料に関してはどちらの育毛剤も定期コースの送料は無料です。

ただ、育毛剤は続けてこそ効果があるものですので、初回購入価格だけでどちらがおすすめかは判断はできません。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
2回目以降の価格6,480円4,837円
2回目以降の割引率10%11%
送料無料無料
定期縛りなし6回
解約までにかかる費用1,440円27,165円

 

2回目以降の価格は、ヘアモアは「6,480円」、マイナチュレは「4,837円」とヘアモアの方が約1500円高くなります。

ヘアモアは希少な成分であるエストラジオールを配合しているので、価格が高くなってしまうのは仕方がないのかもしれません。

定期購入回数に関して、マイナチュレは6ヶ月とかなり長めの継続を要求されます。

ヘアモアは定期縛りがありませんので、2回目以降はいつでも好きなときに簡単に解約することができます。

育毛剤は確かに6ヶ月程度は継続しなければ、効果を本当に実感することは難しいです。

ただ、半年間も行動の自由を縛られるのは、あまり気分のいいものではありませんよね。

少し価格は高いけど定期縛りがなく気軽にお試ししてみたい方は、ヘアモアがおすすめです。

トータルのコストを少しでも安くおさえてたい方には、マイナチュレがおすすめだといえます。

 

 

 

ヘアモアとマイナチュレはどこで買える?市販している?

 

ヘアモアとマイナチュレは公式サイト以外から購入することはできないのか調査しました。

どちらの育毛剤も通販専用商品なので、薬局やドラッグストアなどの市販の店舗では販売していません。

ヘアモアは公式サイト以外では、Amazonと楽天に公式ショップを出店しています。

マイナチュレに関しては、Amazonや楽天だけでなくヤフーショッピングにも公式ショップを出店しています。

どちらの育毛剤も「公式サイト」と「各通販サイトの公式ショップ」でしか正規品を販売していません。

たまに公式ショップ以外でヘアモアやマイナチュレを販売していることがありますが、その商品は正規品ではなく転売品(中古品)です。

どちらの商品も基本的に公式サイト、通販サイトの公式ショップ以外からは購入しないことをおすすめします。

それぞれの通販サイトでの価格についてまとめました。

 

項目Amazon楽天市場ヤフーショッピング
へアモア7,920円7,920円取扱いなし
マイナチュレ6,464円6,464円6,464円

 

どちら商品も通販サイトでの購入価格は、公式サイトの単品価格とほぼ同じ価格になっています。

マイナチュレの定期コースは6ヶ月縛りがありますので、頭皮に合うかどうか試しに使ってみたい場合、通販サイトの公式ショップから単品で購入してみるのがいいかもしれません。

ヘアモアは定期コースの継続回数の縛りがないため、お試しで購入してみたい場合も、公式サイトの定期便が最安値(1440円)で購入できるのでおすすめです。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]定期コースを解約する方法

 

ヘアモアとマイナチュレの解約方法を紹介します。

定期便を解約する条件は、マイナチュレは6回の継続の縛りがあるのに対して、ヘアモアは購入回数の縛りはありません。

ヘアモアは2回目以降はいつでも解約することが可能です。

定期便を始める前に、解約条件と解約方法もチェックしておきましょう。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
方法電話 or ネット電話のみ
期限次回お届けの14日前までに連絡次回お届けの10日前までに連絡

 

 

 

ヘアモアの解約方法

 

ヘアモアの解約は、カスタマーサポートへの電話連絡、もしくはWEBのマイアカウントから解約することが可能です。

 

ヘアモアの解約の電話番号

フリーダイヤル:0120-771-255(固定電話からのみ可)

電話番号:03-6837-1584

問い合わせ時間:(平日)10時〜17時

 

ヘアモアのマイアカウント

URL:https://lp.hairmore.jp/account/my_page_login

 

解約の連絡期限は「次回のお届け日の14日前まで」です。

WEBから解約は「解約完了メール」が届いた時点で解約が成立したことになります。

ヘアモアからのメールの返信は、最大3営業日かかることもあるので、WEBから解約する場合は早めに連絡するように意識してください。

連絡期限までに猶予がない場合は、電話での解約がやはりおすすめです。

ヘアモアのカスタマーサポートへの電話は、なかなか繋がらないという状況がしばらく続いていました。

メーカー側も状況を重く受け止めたようで、現在は電話受け付けコンシェルジュが25名にまで増員されています。

 

ヘアモアの解約/コールセンター増員のお知らせ

コールセンター増員のお知らせ

 

現在では電話が繋がりにくい状況はかなり解消されているようですので、これから解約の電話をする方は安心して大丈夫ですよ。

 

関連ページ:[ヘアモア/解約]電話の解約方法と返品について

 

 

マイナチュレの解約方法

 

マイナチュレの定期コースの解約は、電話でしか受け付けていません。

 

マイナチュレの解約の電話番号

フリーダイヤル:0120-710-710

問い合わせ時間:9時〜20時(土日祝除く)

 

公式ページには電話でしか解約を受け付けていない理由について、下記のような記載がされています。

 

お客様の中には、効果を実感できないことが理由で解約を希望される方もいらっしゃいます。

効果を実感できない理由は様々ですが、中にはちょっとした改善だけで、効果を大きく感じられるようになる場合もございますので、直接アドバイスをさせていただきたく、お電話のみでの受付としております。

※お電話で無理にお引き止めすることはございませんので、ご安心ください。

参照:マイナチュレ公式サイト

 

「お電話で無理に引き留めはしない」と注釈が書かれていますが、内容をよく読むと「軽い引き留めはします」と宣言しているような文章です。

企業として軽い引き留めをしたい気持ちはわかりますが、電話が苦手な方や断ることが苦手な方はちょっと不安になりますよね。

マイナチュレに限らず、電話での解約のポイントは、最初に「解約をしたい」としっかり伝えることです。

配送期間の延期や、休止の提案をされても「解約します!」と言い切りましょう。

 

 

 

ヘアモアとマイナチュレの返金保証を比較

 

ヘアモアとマイナチュレの返金保証について検証してきます。

どちらの商品にも定期便を申し込むと返金保証が付いてきます。

ヘアモアは初回分(1440円)に関しては、無期限での返金保証を受け付けています。

マイナチュレは定期便を注文した日から180日間、最高6本分までの返金を受け付けています。

マイナチュレの定期縛りの回数は6回なので、効果がないと感じたら全額返金に応じて貰えるということになります。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
返金保証の期間無期限180日
返金保証の金額1,440円最大27,165円
いつから利用できるか初回品の発送後6回目の発送後

 

どちらの商品も返金保証を利用するためには、明細書と本体の容器を返送することが条件になっています。

マイナチュレ6本分の料金を返金してもらうためには、初回分からの容器と明細を全て捨てないで手元に置いておく必要があります。

またマイナチュレの場合、最低購入回数の6回目の発送後からしか、返金保証を利用できません。

ヘアモアは返金保証は初回分の金額のみですが、いつでも解約できます。

どちらがより優れた返金保証なのかは評価が少し難しいですね。

マイナチュレは手間を惜しまなければ全額返金してもらえますが、やはり定期縛りの期間が長すぎるのが弱点だと思います。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]安全性や副作用はどう?

 

ヘアモアとマイナチュレの安全性について比較します。

マイナチュレは天然成分にこだわった無添加の育毛剤です。

ヘアモアには匂いづけに香料が添加されていますので、厳密にいうと無添加ではありませんが、それ以外の添加物は使用していません。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
無添加1種類(香料)無添加

 

マイナチュレは匂いづけにもオレンジ・オイルなどを使用したりと自然由来の成分にこだわっているのが凄いですね。

どちらの育毛剤も配合成分に危険な成分は配合されていません。

ヘアモアもマイナチュレも同じくらい安全な育毛剤です。

では、副作用の可能性がまったくないのかといえば、残念ながらそうではありません。

どちらの育毛剤にも公式サイトには「使用中や使用後に赤み・かゆみ・刺激等の異常が現れた際は使用を中止し、皮膚科専門医等を受診して下さい」といった注意が記載されています。

上記のような症状は育毛剤に含まれているアルコールが原因で起こります。

ヘアモアもマイナチュレも高濃度のアルコールに有効成分を溶かし込み、適正な濃度まで希釈するという製法で作られています。

体質的にアルコールが弱い方、皮膚が弱い方は育毛剤のアルコール分に反応してしまい頭皮にかゆみを感じてしまう方が多いです。

しかし、稀にあるかもしれない副作用を恐れて、育毛剤を利用しないのは非常にもったいないです。

どちらの育毛剤もパッチテストで安全性を確認しているので、基本的には安全であると考えても大丈夫です。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]使い方・使いやすさで比較!

 

ヘアモアとマイナチュレを使い方で比較していきます。

育毛剤も基本的な使い方は同じです。

1日に2回、朝晩に使用する、使ったあとは頭皮マッサージをするのが基本の使い方になります。

ただ、ヘアモアはプッシュ式、マイナチュレはノズル式で塗布する方法に違いがあります。

 

項目ヘアモアマイナチュレ
塗布の方式プッシュ式ノズル式

 

ヘアモアはプッシュ式のスプレータイプなので、狙った部分にピンポイント使用することができます。

プッシュするだけなのでお手軽に使用することができますが、頭皮全体にうまく塗布するためには、分け目をつくって地肌に直接プッシュするなどの工夫が必要です。

マイナチュレはノズル式なので直接地肌に塗布することができます。

ノズルを直接、地肌につけることができるので、気になる箇所にピンポイントで塗布することも、頭皮全体に使用することもが簡単です。

ただ、生え際部分に使用したいときは液ダレしてしまうという弱点もあります。

どちらの方式にもメリット・デメリットがあるので、一概にはどちらが良いと言うことはできません。

使いやすさはヘアモアもマイナチュレもほとんど変わりませんので、使い勝手以外の要素でどちらを購入するべきか考えた方がいいでしょう。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]効果があるのはどっち?

 

ヘアモアとマイナチュレの効果について比較していきます。

どちらの育毛剤も「医薬部外品」に分類される育毛剤ですが、配合されている有効成分には違いがあります。

ヘアモアとマイナチュレの全成分や有効成分から、育毛に期待される効果について検証しました。

 

 

 

ヘアモアとマイナチュレを成分で比較

 

ヘアモアとマイナチュレに配合されている成分を比較していきます。

2つの育毛剤の全成分は下記の表の通りです。

 

ヘアモアマイナチュレ
臭化セチルトリメチルアンモニウム、L-メチオニン、塩酸ピリドキシン、ビオサルファーF、D-パントテニルアルコール、感光素301号、エストラジオール、エタノール、香料、精製水グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、常水、精製水、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、乳酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アルギニン、L-アスパラギン酸、水酸化ナトリウム、グリシン、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、ビワ葉エキス、1,3-ブチレングリコール、海藻エキス、エタノール、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、セージエキス、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、アロエエキス、キューカンバーエキス、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス、ラベンダーエキス、ノバラエキス、ニンジンエキス、無水エタノール、加水分解ケラチン液、加水分解コラーゲン液、マリンエラスチン、チャエキス、シャクヤクエキス、クロレラエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラベンダー油、オレンジ油

 

ヘアモアには、エストラジオール、塩酸ピリドキシン、L-メチオニンの有効成分3種類と他8種類の成分が配合されおり、全部で11種類の成分が配合されています。

マイナチュレは、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールの3つの有効成分に加えて、27種類の天然成分と10種類のアミノ酸を配合しており、全部で41種類の成分を配合しています。

配合されている成分の量だけで考えるとマイナチュレが圧倒的に多いですね。

しかし、考えて欲しいのは成分が多ければそれだけ効果があるというわけではないということです。

マイナチュレには天然成分が27種類配合させれていますが、中には「ゴボウエキス」「アロエエキス」「ニンジンエキス」など、ほんとうに育毛に効果があるのか疑問な成分まで配合されています。

マイナチュレの1本あたり容量は120mlです。

配合されている成分が多くなればなるほど、1つの成分の配合量は少なくなります。

120mlをマイナチュレの全配合成分の41種類で割ってみると、1種類あたりの量は約3mlになります。

小さじ半分程度であれば、アロエやニンジンの絞り汁を直接、頭皮に塗った方がよっぽど効きそうです。

そして、そして想像してみて下さい。

野菜の絞り汁を少し頭皮に塗ることで果たして髪が生えてくるのかなと・・・。

 

 

 

育毛剤の効果は有効成分が何なのかで考える

 

育毛剤の効果は成分の種類ではなく、メインとなる有効成分の効果が重要です。

ヘアモアの一番の有効成分は女性ホルモン・エストラジオールで、マイナチュレの有効成分はセンブリエキスです。

マイナチュレの有効成分・センブリエキスには頭皮の環境を整え、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。

頭皮の環境をキレイな状態に整え、血行を促進することは育毛にとって大事なことことですが、女性の薄毛の根本的な解決にはなりません。

女性の薄毛は年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が減っていくことが大きな要因です。

ヘアモアは女性ホルモン・エストラジオールを配合しているので、直接、頭皮に女性ホルモンを補充することができます。

ヘアモアの効果は臨床試験でも効果がきちんと確認されています。

 

我々は FPHL 患者に対するエチニルエストラジオールを有効成分とする育毛剤の安全性と有効性を評価した。30例の FPHL 患者を対象とし,育毛剤を頭皮に1日2回,24週間使用させた。

~(中略)~

24週間連用した20例では,臨床所見の「脱毛の程度」ならびに自覚症状の「抜け毛の程度」で高い改善傾向を認めた。また「抜け毛の量」の有意な減少が自覚症状では4週後から,アンケート評価(VAS)では8週後から確認され,臨床所見の「脱毛の程度」が12週後から有意に改善しており,有効性を早期から実感出来ることが示唆された。以上から,本育毛剤は軽症の FPHL 患者に対して使用可能であると考えられた。

参照:皮膚の科学

 

FPHLとは「女性ホルモンの減少を原因とする女性の薄毛の症状」をいいます。

このレポートでは、抜け毛の量の減少は早ければ4週後から自覚できると報告されています。

女性ホルモンが減っていくと、相対的に男性ホルモンの影響が強くなっていきます。

男性ホルモンが優勢の状態が長く続くと、男性が薄毛になるの同じようにで女性も段々と髪の毛が薄くなっていきます。

つまり、女性の薄毛は女性ホルモンの分泌を活性させることで改善することができるのです。

 

 

 

[ヘアモア/マイナチュレ]結論!どっちを買うべき?

 

女性の薄毛を改善するためのポイントは「頭皮環境を整えること」「ホルモンバランスを整えること」の2つです。

女性用育毛剤はこの2つのポイントの改善をサポートします。

マイナチュレは「頭皮環境を整えること」、ヘアモアは「ホルモンバランスを整えること」効果をそれぞれ重視しています。

ホルモンバランスは規則多正しい生活をすることで、ある程度改善することができます。

しかし、加齢による女性ホルモンの分泌不足は生活習慣の改善だけでは、分泌が活性化することはありません。

マイナチュレの有効成分であるセンブリエキスにも、頭皮環境を整える作用、頭皮の血行促進作用、毛根の活動を活発にさせる作用があります。

全額返金保証が付いていて、絶対に損したくないという方はマイナチュレがおすすめです。

ヘアモアに配合されているエストラジオールには、女性ホルモンの分泌を活性化させ、頭皮のホルモンバランスを改善する効果が期待できます。

価格は少し高いけれども、女性の薄毛を根本的に治したいのならヘアモアがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました